フラグメントケースをお財布代わりに、あとはスマホだけ持ってGO!

フラグメントケースに財布の中身をうつしたら、貴重品は「フラグメントケースとスマホ」だけ

キャッシュレス決済が拡がって買い物はもちろん、病院も郵便局もキャッシュレスで済む昨今では、クレジット支払い用のカードとスマホ、あとはお守りのような少々の現金があれば、都市部で困ることはほとんどありません。 たまに聞く「貴重品だけお持ちください」の言葉にも、手にするのはフラグメントケースとスマホだけ。現金ゼロのカードケースを「貴重」と呼ぶのも軽すぎる気もしますが、これが今時の「所有感覚」というものかもしれませんね。 お財布よりもマチがないので、レシートを溜め込む癖がある人もマメな出し入れが必要です。お金やカードの管理を意識するのにもいいでしょう。 フラグメントケースの使い方、特徴についてはこちらをお読みください。

https://root1887.shop/blogs/library/fragmentcase01

荷物が軽いと体も心も軽くなるから、ふらりとおでかけしたくなる

フラグメントケースに変えたら、お散歩に持ち歩くバッグをコンパクトにしませんか? 荷物が少ないと、マイクロミニバッグやクラッチバッグだけでもいけるかも。ウィンドーに映った自分が、「いつもよりいい感じ?」って思えたら、外にでるのはもっと楽しくなりますよね。 そして、不思議なことに物が少ないと気遣う物が減るせいか、足取りも気分も軽やか。 お出かけついでに立ち寄ったお店でお買い物をしたり、お店の人とおしゃべりしたり。そんな時間が増えるのもいいかも。

 
この投稿をInstagramで見る
 

nao 🦔(@naoou_uo)がシェアした投稿

 

あとはハンカチ、ティッシュ、マグボトルがあれば

バッグの中身は、フラグメントケース、スマホ、それからハンカチ、ティッシュ、それからちょっと荷物は増えますが、マグボトル。マグボトルに季節に合わせた飲み物を入れて出かけると「せっかくだから、ちょっと遠出しようかな」という気分にもなるかも。 せっかくだからマグボトルを用意して、フラグメントケースとスマホをポケットにいれてどこかに行ってみませんか?

Rootフラグメントケース

フラグメントケース、スマホ、それから季節の飲み物を入れたマグボトルだけ持っておでかけ。

フラグメントケースとスマホを持って。さあ、今日はどこへ行こう

近場でいいから少し遠回りして、いつもと違う道へ

フラグメントケースとスマホとマグボトルを持って、ちょっと遠くの美術館へ。展示とスーベニアショップを一通り見たら、帰りに大きな噴水の縁に座ってマグボトルを取り出してちょっとひと息。スマホをおいて、雲の流れを眺めながら頭を空にしたら、心の自由時間をたのしみましょう。

 
この投稿をInstagramで見る
 

Saaaaaoo(@_saaaaaoo_)がシェアした投稿

フラグメントケースなら子供と一緒のおでかけも快適。そのままアクティブレジャーに繰り出そう

小さな子供とのお出かけには、リュック・ショルダー・ママバッグと、何かと荷物が増えて大変。お財布を出すだけでも、子供を見ながら荷物を持ち替えたりと頭も体も大忙しです。 でも、コンパクトなお財布替わりのフラグメントケースとスマホだけポケットやミニポーチに入れておけば、子供と手を繋いで決済も片手でできるから快適。アスレジャーやエクササイズのお供にもぴったりです。 いつもの公園に飽きたら、フットワーク軽くそのままいつもと違うレジャーをしに行くのもいいかも! 水辺に足を伸ばしてカヤックに乗ったり、釣りをしたり、キャンプ場で焚き火をしたり。タオルやアメニティが使えるスパリゾート施設は、最近はほとんどがキャッシュレス決済対応です。スマホで混み具合を確認して、空きがあったらぜひトライしてみて。


毎日の家事や育児に追われるパパママを癒す時間は、人生の“必須事項”。そして、子供と一緒に気ままなおでかけができる時間は案外短くて、振り返った時に「もう一度一緒に手をつないでお出かけしたいな」そう思うパパママも多いのだそう。 「今行きたいところへ、今すぐ行こう!」こんな風に思いついたら、子供たちと一緒にどんどん冒険して、楽しい思い出をたくさん作りに行きましょう。
 

行ったことのない場所、降りたことのない駅、うちの近所で見つけたものは?

廃墟、工場、無人駅、夜景、灯台、ジャンクション、鉄塔、滝…etc. 世の中には「道教」のようなさまざまなマニアの世界がありまして。そうした人たちによって収集された究極の風景は、驚きに満ちていてマニアじゃなくても面白いもの。自分で確かめに行くのもいいですよね。

「うちから徒歩60分の絶景写真」スマホで写真、SNSに投稿、帰りはバスや電車で直帰もOK!

でも、逆に自宅から徒歩60分の世界をじっくり観察したことって、あまりないのでは? 徒歩60分と言えば、なかなかの時間と距離。町や住宅街でも普通は自転車や車、バス、電車を利用しちゃいますよね。山登りだって60分あればけっこう上まで登れます。 でも、あえて遠出をせずに、自宅から徒歩60分だけの探索にトライしてみるのも、案外面白いですよ。 気になる風景はスマホで撮影してSNSに投稿したり、Google MAPのスポットに口コミと写真を投稿して、自分だけのマップを作るのもいいですよね。

 
この投稿をInstagramで見る
 

ne ko ne ko ko(@neko_cat_mao)がシェアした投稿


道に迷ったら、スマホのマップ機能で現在地を確かめて方向修正。思いのほか遠くへ来ちゃったなーと思ったら、帰りは電車やバス、なんならタクシーを利用してももちろんOK。最近増えてきたシェアサイクルを利用して、途中でポタリングに出かけてしまうのも自由です。

 
この投稿をInstagramで見る
 

AYA(@ame.toko.mu)がシェアした投稿


「自宅の周囲を60分歩いてもあまり風景が変わらないよ」という場合も、いつもは通り過ぎてしまう場所をじっくり眺めてみて。高さや角度を変えて撮った写真や動画が、だんだんいつもと違った新鮮な光景に見えてきたら大成功! 自分で集めた「ちょっといい一枚」には、他の人には撮れなかった、“あなただけの奇跡の瞬間 “が詰まっています。

 
この投稿をInstagramで見る
 

@aoi_photo335がシェアした投稿

 

フラグメントケースとスマホだけのお出かけに慣れたら、もっと自由でアクティブな毎日!

Root <UNISEX>minimal wallet(本革ミニマルウォレット)

フラグメントケースを持って、もっと自由な毎日。

近所の小さな絶景写真をSNSにあげたり、途中で買い物したりシェアサイクルを利用したり。帰りに公共交通機関を利用したり、タクシーを捕まえたり。 全部フラグメントケースとスマホだけでできちゃいます。 重たい荷物から解放されると、自由時間はもっとアクティブになれるはず。 さあ、次のお休みはどこに行きましょうか? この記事の画像に使われた商品はこちらです。

Root <UNISEX>Fragment case(本革フラグメントケース)

Root <UNISEX>minimal wallet(本革ミニマルウォレット)


前の記事 次の記事