大人のスニーカーコーデを“すっきり綺麗”に見せる、4つのポイント。

大人になってもスニーカー大好き!アディダス、コンバース、リーボック、スペルガの定番スニーカーを取り入れた、カジュアルでもスッキリ上品に仕上がる、大人のスニーカーコーデ【4つのポイント】をご紹介します。

【ポイント1】大人のスニーカーコーデは、色数を抑えると失敗しにくい

スニーカーコーデを、カジュアルでも大人っぽくすっきりとまとめるなら、まずチェックしておきたいのが色の組み合わせ。コーデの最初に色の方向性を決めておくと、迷走しにくくなります。

「アースカラー」なら、大人のスニーカーコーデでも失敗知らず

スニーカー:アディダス タイショーンadidas Tyshawn

(スニーカー:アディダス タイショーンadidas Tyshawn)

一番目に飛び込んでくるアイテムに、ベージュやブラウン、カーキなどのアースカラー選び、他のアイテムも近いトーンで揃えていくと、落ち着いた雰囲気にまとめやすくなります。バッグやソックスに強めの色を取り入れて、アクセントにするのも洒落てて素敵ですよね。

スタイリッシュに決めるなら「モノトーン」

スニーカー:adidas stansmith|バッグ:Rootバルーンバッグ petit

(スニーカー:adidas stansmith|バッグ:Rootバルーンバッグ petit

知的でこだわりを感じさせるモノトーンのコーデは、どの世代でも共通のおしゃれの王道です。カジュアルにするなら、ボトムから見えるスニーカーを少しボリューミーなものにすると、インパクトがあってかっこいいかも。

同色コーデは、素材の組み合わせとボリュームで楽しんで

すっかりおなじみの同色コーデは、オーバーサイズと好相性です。トップスとボトムの両方、あるいはボトムをオーバーサイズにするのが流行りのスタイリング。大人コーデには、アンバランスなシルエットを目指した方が、おしゃれが際立ちます。

(スニーカー:Converse ALL STER|バッグ:Rootバルーンバッグ petit

おとなしい印象になりがちなネイビーは、ワイドなシルエットやメンズライクなデザインで今風に

シックで上品な雰囲気のネイビーは、スタイルが定番すぎると真面目すぎて面白みがかけるかも。遊び心のあるちょっと狙ったデザインのものを取り入れた方が、小慣れた大人っぽさを演出できます。「フレアーなワイドなパンツ」「ギャザーとレースがたっぷり入ったワンピース」「金ボタンがアクセントのオーバーサイズのジャケット」のような、アレンジの効いたネイビーアイテムに Converseハイカットの組み合わせなんて、ちょっと楽しいかも。

(スニーカー:Converse ALLSTAR HI|バッグ:Root ヨコ長トートblock

【ポイント2】ワンランク上の大人コーデには、「ほどほどフェミニン+個性派スニーカー」の組み合わせ

大人のスニーカーコーデをランクアップさせるなら、ちょっと上質で大人っぽいアイテムと、パンチの効いたスニーカーとの組み合わせもおすすめです。

例えば、目の細かい柔らかなニット・手触りのいいストール・シンプルでシックなワンピースなどの「ほどほどフェミニンな装い」と、アニマル柄・ラメ・スタッズなどの「パンチの効いたスニーカー」のコーデは、ちょっとこなれた「大人の甘辛スタイリング」です。

スニーカー:adidas HYKE × ADIDAS HAILET "PYTHON"|バッグ:Root こだわりトートblock

(スニーカー:adidas HYKE × ADIDAS HAILET "PYTHON"|バッグ:Root こだわりトートblock

【ポイント3】柄物を取り入れるなら、全体をチェックしてバランス良く。

目を引く柄物使いは、おしゃれな大人の腕の見せ所。ちょっと控え目なアクセントとして使うのはもちろん、ガラッと気分が変わるメインアイテムにするのもいいですよね。

せっかくだから、少しアーティスティックな変わったフォルムに挑戦するのも楽しいかも。

スニーカー:adidas Superstar|バッグ:Rootバルーンバッグ petit

(スニーカー:adidas Superstar|バッグ:Rootバルーンバッグ petit

(スニーカー:SUPERGA|バッグ:Rootバルーンバッグ petit

定番のボーダーは、流行を押さえてちょっとおしゃれに

スニーカー:Converse ALLSTAR HI|バッグ:Root ヨコ長トートblock

(スニーカー:Converse ALLSTAR HI|バッグ:Root ヨコ長トートblock

ワードローブに必ず1枚は入っていそうな定番のボーダーシャツ。シンプルを極めた一枚には、どんなコーデもまとめてしまう安定感と、さりげないインパクトがあります。スニーカーと合わせておしゃれに着こなすなら、ボトムの太さや丈には流行りを取り入れて、バッグや帽子はちょっと強めのデザインのものを選ぶと楽しいかも。スニーカーとトートバッグ、キャスケットを組み合わせたマリンルックも、ちょっとした違いで「今年風」の装いになります。

【ポイント4】若づくりカジュアルにならないコツは、“上質な小物使い“

大人のスニーカーコーデを「大人の若づくり」にならないようにするなら、ちょっと知的に見える“上質な小物使い”もポイントの一つ。全体的に品良く、トレンドを追いすぎないスタンダードなコーデは、大人の余裕の見せ所です。

(スニーカー:Converse ALL STAR|バッグ:Root こだわりトートblock

 

(スニーカー:Reebok CLASSIC|バッグ:Root ヨコ長トートblock

大人のスニーカーコーデは、「色」「ほどほどフェミニン」「バランス」「上質な小物使い」

スニーカーのいいところは、なんといっても歩きやすく、疲れにくいこと。アクティブになれる大人スニーカーコーデなら、もっとヘルシーにもっとポジティブな毎日を目指せる気がします。

素敵なバッグとスニーカーのコーデが決まったら、足元も心もちょっと軽やか。顔をあげて、いつもよりちょっと多めに歩いてみましょうか。


前の記事 次の記事