コンテンツへスキップ

記事: 【2022年決定版】黒のリュック サック10選

feature

【2022年決定版】黒のリュック サック10選

なぜに「黒」?黒いリュックサックが人気の理由?

「無難だから」と思って黒を選んでいませんか?無意識に選んでいても、色にはさまざまな意味が含まれています。「黒」は重厚感力強さを表現し、服に取り入れると、シック・高級感・知性的・都会的などの印象を与えます。黒いリュックサックは、クールさや信頼感を表現し、どんな服装にも合わせやすくシーンを選ばない。汚れが目立ちにくく実用的。バッグやリュックのラインナップには、必ずと言っていいほど「黒」がありますが、とにかく黒は使い勝手がいいのです。

Root ボックスリュック ユニセックスのリュックサック

(この画像の商品はRoot ボックスリュック

Root ボックスリュック

https://root1887.shop/products/boxruck

 

種類豊富な黒いリュック、選ぶポイントは「用途」「素材」「デザイン」

黒のリュックサック選ぶなら、まずは「用途」「素材」「デザイン」の順番で整理していきましょう。

1_黒リュック サック選び「用途」

用途を大きく分けると「ビジネス・スポーツ・カジュアル」の3つ。

ビジネス
ビジネス用にリュックを選ぶということは、まず前提にあるのは、「移動多め」と「仕事道具」。出張が多い人には、リュックの背中にスーツケースのハンドルに装着できるホルダーや、横持ちやショルダーバッグにできる2WAY・3WAYタイプ、荷物に合わせて容量を増やせるアジャスター機能もあると便利です。
そこまで移動も荷物も多くないという場合は、すっきりとシンプルなレザーリュックもかっこいいですよね。

スポーツ
もとがアウトドア用に作られていたリュックサック。各種競技に合わせた機能的なリュックサックもたくさんあります。体にフィットして超軽量のトレイルラン専用リュック、ゴツいスキーブーツを入れるスキー専用リュック、長時間使っても疲れにくい登山用のリュックサックなんかもありますが、日常的に使うならスポーツメーカーの容量20Lくらいの黒のリュックサックがおすすめ。スポーツリュックサックは色々なパーツがつきがちですが、全体が黒ならあまり目立たず気になりません。
スポーツ用と言えども、昨今はノートPCを入れるスリーブがついているのもたくさんあります。ビジネスバッグとエクササイズバッグを兼ねたい人はスポーツタイプをチェック。

カジュアル
ビジネスとスポーツの中間、あるいはどちらにも属さず、ほどほどの機能を備えているのがカジュアルリュックサック。お財布、スマホ、水筒と多少の荷物が入れば、趣味全開で選べるのもカジュアルリュックのいいところです。
黒のカジュアルリュックサックは種類も豊富。好みのファッションとコーデを考えて色々選ぶのも楽しそう。

Root ライトパック ユニセックスのリュックサック

カジュアルも合わせやすいのは、やっぱり黒のリュックサック。(この画像の商品はRoot ライトパック)

Root ライトパック

https://root1887.shop/products/lightpack

 

2_黒リュック サック選び「素材」

ナイロン
「黒いリュックサック」と聞いて、まずナイロン生地のリュックを思い浮かべる人は多いはず。軽くて丈夫で耐久性に優れたナイロン生地は、色の濃い黒でも色移りしにくく、使い勝手は抜群です。
目の細かいナイロンは、しっとりと上品な印象。目の粗いナイロンは、ざっくりと無骨な印象を与えます。

レザー(本革)
大人っぽいおしゃれを目指すなら、黒のリュックサックはレザー(本革)を選びたいもの。雨や水濡れは厳禁ですが、正しいお手入れを怠らなければ長く使えます。艶のあるコードバンのリュックサックや、シボの美しい牛革。黒のリュックサックは、できる大人にこそ似合います。

キャンバス(帆布)
スタンダード オブ ナチュラル。コットン100%のキャンバス生地は、新品のパリッとした手触りも気持ちいいのですが、経年で出る味わいのある色落ちや毛羽立ちもいいものです。
クラシカルな黒のリュックサックには、肉厚な重いキャンバスとレザーの組み合わせも素敵。

3_黒リュック サック選び「デザイン」

用途のカテゴリも素材もデザインのうちですが、ここであげるのは、昨今流行りの形状です。

ラウンド型
下が四角くて、上が丸くカーブしたデイパッグに多いデザイン。ファスナーが引っかかる角がないので開閉しやすく、荷物を入れると重心が下になって安定感が出ます。スポーツ用にも多い形ですが、本体とフロントポケット程度のシンプルなデザインはカジュアルに最適。

スクエア型
ビジネス用のリュックサックに多いデザイン。フロントに1つか2つのポケット、トップかサイドにハンドルがついたものもよく見かけます。
ポケットのファスナーやポケットが目立ちにくいすっきりとしたデザインはクールな知性派に、メインのポケットと内ポケットしかないシンプルなタイプは、「持ち物はノートPCとスマホだけ」みたいなミニマリストさんにピッタリ。

おべんとう型
本体の素材がセミハードな防水加工で開口部が全開。四角い形状が経たりにくく、肩への負担が少なく疲れにくいのも特徴です。
デリバリー用のリュックサックや、ペット用のリュックサックも近いタイプかも。奥行きのある荷物を潰したくない時にも便利です。

ロールトップ型
紙袋の口を閉じて、くるくるっと巻いて止めたような感じのリュックサック。パッセンジャーバッグにもよく使われています。おべんとう型と同じく開口部が大きいので中身の出し入れがしやすく、口を閉じるのも簡単。「荷物がちょっとはみ出そう…」な時も、ちょっとくらいなら対応できるのがポイント。

いよいよ発表!黒リュック サック10選

ナイロン
Root ボックスリュック

Root ボックスリュック ユニセックスのリュックサック

(画像引用元|Root公式サイト


軽いナイロンKONBU®-Nを使用したボックス型のリュック。背負ったままでも取り出しやすいフロントポケット、安定感のある形、高い撥水性も人気の秘訣。

 

キャンバス(帆布)
一澤信三郎帆布 R-12

一澤帆布公式サイト

(画像引用元|一澤信三郎帆布公式サイト

1905年創業の京都の老舗メーカー、一澤信三郎帆布のキャンバスリュック。細い筒型と、フラップ型の蓋がシック。中身の量に合わせて奥行きを変えられるアジャスター付きで、ベストな形を維持できる気遣いも嬉しい。

 

スポーツ
NIKE(ナイキ)ジョーダンフライト コントロール バックパック

ナイキ公式サイト

(画像引用元|NIKE公式サイト

「バスケの神様」マイケル・ジョーダンの名前を冠にしたシリーズの中の、ミディアムサイズのリュックサック。本体内側にはノートPCとタブレットがそれぞれ入るスリーブを確保し、両サイドと正面にも使いやすいサイズのポケット付き。黒いボディに、赤いファスナータブがアクセント。

 

ビジネス
モンベル トライパック 30
モンベル公式サイト

(画像引用元|モンベル公式サイト


登山用品メーカーモンベルのビジネスバッグ。軽量さと強度を兼ね備えた独自を使用し、リュックサック、バッグ、ショルダーの3通りの持ち方ができる。中身に合わせて厚みを変えられるアジャスト付き、機内持ち込みが可能なサイズ。

 

カジュアル
RAINS (レインズ)CAMP BACKPACK
 
RAINS (レインズ) CAMP BACKPACK

(画像引用元|HAPPY PLUS STORE


RAINSは、「雨の日を楽しく過ごす」がコンセプト。雨の多いデンマークならではのブランドです。ポリエステルにポリウレタンの加工を施し、水濡れに強い仕様。シンプルな縦長のデザインがよく知られていますが、こちらはフロントのポケットがちょっと懐かしい、アウトドアレジャーにもピッタリの巾着型。

 

ラウンド型
Root ライトパック

 Root ライトパック ユニセックスのリュックサック

(画像引用元|Root公式サイト


軽いKONBU®-Nのナイロンを使用した黒のシンプルなラウンド型リュックサック。ポケット部分の本革がちょっと大人っぽいアクセント。ジャケットやワンピースのデザインを邪魔しない、軽めのベルトもポイント。

 

スクエア型
Root 和ックパックKONBU®️-N

Root 和ックパック ユニセックスのリュックサック

(画像引用元|Root公式サイト


シンプルなスクエア型の和ックパックKONBU®-N(ネロ)。ビジネスもカジュアルもいけるリュックサック。

 

おべんとう型
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)BCヒューズボックス2

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)BCヒューズボックス2

(画像引用元|THE NORTH FACE公式サイト


THE NORTH FACE
の人気モデルにして、おべんとう型リュックの火付け役。豊富なカラバリがある中でも、断然クールなのは黒。マットなボディに、艶のある大胆な黒のロゴプリントは、他とは一線を画する圧倒的存在感。

 

ロールトップ型
Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)Pace Backpack

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)Pace Backpack

(画像引用元|Manhattan Portage公式サイト


Manhattan Portage
は、アクティブなイメージが人気の黒いバッグブランド。
トップのロールアップとフロントジッパーを開くと、メインコンパートメントがフルオープンになる潔い仕様。ベルト幅を固定できるハーネスとノートPC用のスリーブ付き。

 

黒のリュックサックはやっぱり万能。

スポーツにしてもビジネスにしても、黒のリュックサックは安定感ナンバーワン。シンプルな黒のリュックサックを1つ選ベば、ビジネスとカジュアルは間違いありません。それに大きめのサイドバッグやキャリーを合わせれば、旅行やスポーツも難なくこなせるはず。まずは自分の顔になるリュックサックを決めるところから始めましょう。

Read more

和紙糸への愛を語る - Root - ずっと好きなもの、飾らないデザイン -
material

和紙糸への愛を語る

みなさん、こんにちは!Rootです! 春は・・・いつ来るのでしょうか。。 春にぴったりのルートのかばんたちを、 みなさんがおしゃれに持ち歩く姿を想像しながら、 夜も眠れませんよ!

もっと見る