本革リュック「和ックパックレザー」の新色フォグが持つ、優しい品格と信頼。

人気の薄型シンプルリュック「和ックパックレザー」に、新色フォグが登場しました。フォグはほどよいミドルグレー。暗すぎず明るすぎず、存在感がありながらコーディネートにも取り入れやすい色です。定番のネロ(黒)、優しいトープ(スモーキーベージュ)に続く、こなれた大人のオシャレが光るリュックです。

  

新色フォグはどんなスタイルに合う?

fogの意味は「霧」。やや明るくて、ほんの少しだけ黄色味も感じられる、絶妙なミドルグレーです。

ビジネスからカジュアルまで、幅広くコーディネートしやすい色ですが、ど真ん中を狙うなら、綺麗めの大人カジュアルがおすすめです。

Root 和ックパックレザー フォグ コーディネート

合わせるなら、ちょっと綺麗目カジュアル。いつものなんでもないコーディネートに個性と知性をプラスオンする、フォグの底力。(画像の商品は、RootのRucksack(レザーリュックサック) 和ックパックleather フォグ

フォグは新しいトレンドにも合わせやすい、ほどよいグレー。

ワントーンコーデ、カフェラテコーデ、ワンマイルコーデなど、2020年はファッションの傾向がガラリと変わり、部屋着の延長のようなリラックスした色やファッションが大流行しました。

2021年はそれに比べると色味も戻り、パステルカラーやバブルピンク、ホワイト、発色のいいイエローとグレーなどのはっきりとした色合わせや、ボリュームのある柄物も人気です。

フォグの軽さのあるグレーはリラックスしつつも、今年の色や柄物を邪魔しにくい、ちょうどいい色です。

Root 和ックパックレザー フォグ

すっきりとした白のトラウザーやミドルフィットのチノパンと、オーバーサイズの黒のコットンジャケットやコートと合わせたスタイル。スクエアのリュックは少し下めにするとバランスよく収まります。(画像の商品は、RootのRucksack(レザーリュックサック) 和ックパックleather フォグ

フォグは本革の気品が漂う、大人の和ックパック。

上質な本革が放つ品格とリュックの機能美を備えた和ックパックレザー。そのフォグは、優しいけれどどこかエレガントな知性が漂います。

Root 和ックパックレザー PCポケット

Root 和ックパックレザー フロントポケット

優しいのに和ックパックらしい機能性はそのまま。中のポケットはクッション入りで、サイドポケットはスマホや小物が入る内ポケット、鍵束をとめておけるキーチェーン付き。

Root 和ックパックレザー フォグ

バックスタイルが美しいのも和ックパックシリーズの自慢。肩に負担のかかりにくい肩ベルト、持ちやすいハンドル、本革の銀面を使ったバックル部分と、全面を覆う美しいシボの革。職人が腕によりをかけて作り上げた逸品です。

フォグもトープもシンプルな存在感がちょうどいい、大人のニュアンスカラー

トープは薄いグレーと薄いブラウンを混ぜたような淡いベージュ

先に登場したトープは、もうすっかり定番です。トープの淡いペールトーンは、白のシャツワンピやニットベスト、ガーリーなブラウスにも合わせやすい控えめな色ですが、少し濃い目のベルトが全体を引き締めます。

Root 和ックパックレザー フォグとトープ

トープ(左右)はペールトーンのブラウンとベージュを混ぜたような色。フォグと並べると、さらに穏やかな雰囲気が合う。(画像の商品は、RootのRucksack(レザーリュックサック) 和ックパックleather フォグとトープ

シンプルスクエアのリュックはカジュアルコーデにも、ビジネススーツにも合わせやすく、ほどよいよそ行き感。

リラックスしてるけど、スポーツリュックほど砕けた感じでもない。ちゃんとして見せたいけど、攻めすぎるのも違う。そんな時にも使えるのがフォグとトープです。

スタンダードな黒は、誠実と安定の証

揺るぎのないバッグの中の定番カラーは、もちろん黒。メイドインジャパンの品質と、シンプルなデザイン。何十年も使い続けることができる、相棒と呼ぶにふさわしいリュックです。

Root 和ックパックレザー フォグとトープとネロ

ネロ、フォグ、トープ。どの色も長く使える大人の定番カラー。
(画像の商品は、RootのRucksack(レザーリュックサック) 和ックパックleather フォグ、トープ、ネロ

 

カジュアルもビジネスもエレガントにまとめてくれる、わやらかな色。フォグ、トープなら、疲れないコーディネートが楽しめそう。

PANTONE Color of the year 2021

2021年、アメリカの大手色見本会社のPantone社が発表した「今年の色」は、「Pantone 17-5104 Ultimate Gray(ウルティメットグレー)」と「Pantone -13-1647 Illmuminating イルミネイティング(パステルイエロー)」でした。

ウルティメットグレーは訳すと「究極のグレー」。グレーらしいグレーとでも言ったところでしょうか。見ているだけで元気が出そうなイエローと並べると、腰の座った“安定”を感じる色です。

Pantone社は、ウルティメットグレーについて「永続的で強固な基盤をもたらす、堅実で信頼できる要素を象徴している(※引用)」とコメントしています。

「先行きの見えない今の状況であっても、変わらず信じられるものを」。グレーの色が持つ力は、静かな祈りのようなものかもしれません。

和ックパックレザーのフォグはウルティメットよりは薄く優しいグレー。シンプルで機能的、そっと寄り添い、いつでも信頼できるあなたのバッグでありたいと願っています。

 


前の記事 次の記事