Tabletcase DKアウトバッグ[タブレットケース]
Tabletcase DKアウトバッグ[タブレットケース]
Tabletcase DKアウトバッグ[タブレットケース]
Tabletcase DKアウトバッグ[タブレットケース]
Tabletcase DKアウトバッグ[タブレットケース]
Tabletcase DKアウトバッグ[タブレットケース]
Tabletcase DKアウトバッグ[タブレットケース]
Tabletcase DKアウトバッグ[タブレットケース]
Tabletcase DKアウトバッグ[タブレットケース]
Tabletcase DKアウトバッグ[タブレットケース]
Tabletcase DKアウトバッグ[タブレットケース]
Tabletcase DKアウトバッグ[タブレットケース]

Tabletcase DKアウトバッグ[タブレットケース]

商品コード : RW1707
価格 : 7,344円(税込)
ポイント : 220
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
カラー

選択
チャコール
COLOR
チャコール
SIZE
幅 29cm/高さ 19cm
MATERIAL
植物繊維(和紙)、綿、牛革
MADE
日本

DETAIL

DKトートに装着可能なアウトバッグ

別売りのDKトート専用のアウトバックです。もちろん単体で使用する事も可能です。片面に和紙帆布、もう一面に本革を使用したバイカラーのタブレットケースで、着こなしによって持ち方を変えていただけます。iPad 9.7インチが入るサイズで、内側に緩衝材を使用しておりタブレットを衝撃から守ります。 別売りDKトートに後付が可能です。

ご注意

直射日光や高温多湿な状況下での長時間の保管や水に濡れたまま放置することにより、生地・革・付属品の色移りや変色等の可能性があります。商品サイズ・重さには若干の個体差があります。あらかじめご了承下さい。
フロントは全て本革を使用しており、DKトートに取り付けるギボシが付いています。
バックはシンプルに和紙生地のみで表現しています。
内側にはしっかりポケットもついています。ファスナー引き手にも持ちやすい長さの本革を使用しています。

QUALITYRootの鞄づくり

鞄職人の熟練した技術

大阪豊中市にある鞄工房。ここでは職人が一つ一つ丁寧に、ルートの鞄を縫製しています。
バックパックであれば背負いやすさ、トートバッグであればフォルムなど、ルートの鞄だからこそ実現できる高い機能性やデザイン性は、お客様の心を掴んで離しません。

MATERIAL素材へのこだわり

  • 和紙 WASHI

    日本の伝統文化である "和紙" の魅力を新しい形で味わっていただきたい

  • 綿 COTTON

    綿 COTTON

    歴史ある "綿帆布" のナチュラルな風合いとハイテクな特性を楽しんでいただきたい

  • 革 LEATHER

    本革の質感とエイジングによる自分だけの深みのある味わいを肌で感じていただきたい

  • ナイロン NYLON

    合成繊維でありながら、見た目は綿のようなナチュラル感、いいとこ取りの新素材でオールシーズンを楽しんでいただきたい

ABOUT WASHI和紙について

  • どうして軽いの?

    和紙の生地でできているからです。紙そのものではなく綿帆布に近いデザインになるので、プライベートだけでなくビジネスシーンでも快適にお使い頂けます。

  • 紙だけど、破れないの?

    糸を撚る段階から特殊な技法を用いているため、綿等の生地とほぼ同等の強度があります。また、縫製面からも精度の高い運針で高い強度を保持しています。

  • 紙だけど、濡れても大丈夫?

    耐久性撥水加工を施しているため、雨や汗などの水の侵入を防ぎ、汚れを付きにくくしています。

ABOUT TECLUTCHクラッチバッグについて

  • Root x TECHNOLOGY

    この技術の利便性や緻密性に魅力を感じ、他にないスマートで高性能なクラッチバッグを作ることにチャレンジしました。機械による最新技術と職人による熟練技術の融合が生み出した新しいクラッチバッグをお楽しみください。

  • 高強度テクスチャー "STRONTEX®"

    東レ"ストロンテックス"は、車のエアバッグなどハードな使用に耐える強靭性を持つハイグレード素材です。高強度に加えて圧倒的な軽さも特徴です。また、丈夫なだけでなく生地表面に広がる光沢も魅力の一つで、シンプルなのに高級感のあるクラッチバッグに仕上がります。

  • 熱圧着加工技術

    熱圧着加工は、設計図に始まり、レーザー機による各材料の切り抜きやロゴ入れ、圧着機による接着加工など、すべての工程に正確性が要求されるとても奥深い技術です。長さ1mm、温度1℃、圧力1Pa…. 一つの要素でも異なるとバランスが崩れ、テックラッチは完成しません。素材の特性や厚みなどを考慮し、何度も条件設定と検証を繰り返すことで作り出せるテクノロジーが詰まった一品なのです。