【レザートート】メンズレザートートを選ぶ時のポイント

 荷物の出し入れがしやすく、使い勝手のいいRootのレザートートバッグ A3トート。メンズのビジネスにもカジュアルにも合う。

・口が大きく開いたふくろ
・2本のハンドル
・物を入れて運ぶのに適している

「トートバッグ」とは、こうした特徴を持つバッグの総称です。

持ちやすく荷物の出し入れがしやすいので、コットンやキャンバス、ナイロンなどを使ったエコバッグは、もはや生活の必需品。使用した品のよいデザインのトートバッグは、サイドバッグやビジネスにもよく使われています。

最近はオフィスカジュアルに合う、ビッグサイズのレザートートバッグを使う人もよく見かけるようになりました。

 

【ビジネス】【カジュアル】シーンに合わせてそれぞれのポイントをチェック

メンズのレザートートバッグは、ノートパソコンが楽に出し入れできるサイズが多く、開口部にファスナーやフラップ(蓋)を使ったバッグは、見た目にも安心感があり、ビジネスシーンで使うのに適しています。

クリエイターさんのような、ビジネスとカジュアルをシームレスに行き来するタイプのお仕事や、少しソフトな雰囲気を印象付けたい人には、オープンタイプのレザートートもよく似合いそうです。

ビジネスとプライベートの両方で使えるデザインはたくさんありますが、ポイントを抑えて、自分のスタイルに合うレザートートを選びましょう。

 

<ポイント1>レザーのタイプと色

A3トート、フォグとネロの色の違い

 品格のある、美しく滑らかなシボ。定番の黒と、軽めのカラーも人気。


革の種類

革製品に使われる革には「牛・馬・羊・ヤギ・豚・鹿」などがありますが、強度が必要なトートバッグに使うのは、主に牛と馬。

特に、牛革は流通量が多く加工もしやすいため、生後2年以上の成牛からとれる「カウハイド」「ステアハイド」と呼ばれる牛革は、レザーのトートバッグにもっとも多く使われています。

馬革は、馬一頭に対してとれる部位が少なく、やや高級品。「コードバン」とも呼ばれ、牛革よりも強度があり、光沢があるのが特徴です。トートバッグよりは財布やメンズのアタッシュケース、ブリーフケースなどに使われることが多いようです。

革の加工

加工にはさまざまな種類があります。

【シボ】革の表面に出た細かな凹凸。型押しや、薬品を使用する「シュリンク」、ドラムに入れて攪拌する「もみ革」など、さまざまな加工法があります。

【オイル仕上げ】オイルを染み込ませ、撥水性、堅牢性と独特の艶を持たせた加工。

【ヌメ革】タンニンでなめした無染色の革。使っていくうちに、薄いベージュが深みのあるキャラメル色に育っていくのも魅力。

その他エナメル、スエード、ベロア、ヌバックなどの加工の種類もありますが、メンズのレザートートなら、先の加工を施した革が一般的です。

ヌメ革やオイル仕上げは、表面の滑らかさが魅力ですが、傷が目立ちやすいので、普段のバッグ使いがワイルドな人には、適度にシボがあるタイプの方がおすすめです。

色選びは、普段よく着る上着やシューズの色に合わせるとコーディネイトが楽です。

黒を着る事が多い人は、黒か濃茶のレザートート。ジーンズやTシャツ、カジュアルジャケットが多い人は、ネイビーやブラウンでも合わせやすそうですが、白いシャツや白系のスニーカーには、白やグレーのメンズレザートートバッグも◎。

黒かブラウンで迷う、という人は、濃茶に黒のパーツを使用したものを選ぶのもおすすめです。

 

<ポイント2>本体の形(横長・縦長・台形)

A3トート、フォグカラー

 荷物を入れた時の安定感もチェック。底面の広いA3トートなら、置いても倒れにくい。


レザートートバッグの高さにもよりますが、横長か台形の方が、底の方にあるものを取り出しやすく、置いた時の安定感もあります。ビッグサイズのトートバッグを選ぶ時は、肩にかけたり手に持ったりして、実際に手を入れて確かめてみるのをおすすめします。

置き場のスペースが限られている場合や、“開いた時に、他の人から中が見えにくい方がいい”という場合は、縦長の方が使いやすいかもしれません。

トートバッグによっては、フレキシブルに形状が変えられるものもあります。1つのバッグでも、用途や気分で変えられるので、便利でお得感もあります。

 

2つのデザインで使えるA3トート

 内側のパーツを使って、形が変えられるのもA3の特徴。

 

<ポイント3>サイズ(本体の大きさ・ハンドルの長さ・ショルダーベルト・マチの幅・側面アジャスト)

大容量A3トートのサイズ表記

 ノートPCやアダプター、Wi-Fi、ペットボトルも入れるなら、大きい方が安心。

 

■バッグの中身 ノートPC (13〜15inch)、ACアダプター、ポケットWi-Fi、ケーブル、タブレット、カメラ、文房具、財布、カードケース、ペットボトル、手帳、スマホ、エコバッグ。

これくらいの分量であれば、幅40㎝〜、高さ30cm程度、マチ15cm〜くらいのサイズがあれば、十分入ります。

ハンドルの長さは使う人の体の大きさにもよりますが、肩にかけた時にハンドルの付け根が心臓の高さくらいにくる長さだと、歩く時に安定します。

ショルダーベルトは、斜めがけができて便利ですが、その分だけ重くなります。軽さを求める場合はなくてもいいかもしれません。

バッグの横に、ファスナーや、スナップを使ったアジャスト機能がついている場合は、前後の容量もしっかり確認し、いざ使うときに「あれ?意外と入らない」ということがないようにしておきましょう。

 

<ポイント4>開口部のデザイン(ファスナー・ベルト・マグネット・口折・サイドオープン)

A3トートのマグネット留め具

 革の内側にマグネットボタンを入れたタイプなら、見た目もスッキリ。


レザートートバッグのデザインによっては、開口部の仕様もいろいろ。

トートバッグのカジュアルさを払拭し、ビジネスアイテムをしっかり守れる、ファスナータイプ、シックでおしゃれな印象のベルトタイプも人気です。

シンプルなアクションで閉じるなら、マグネットもスマート。革の内側にマグネットボタンを入れたタイプなら、見た目もスッキリします。

バッグの上部を折り畳むタイプは、ちょっとワイルドな印象。骨太なカジュアルを目指す人にぴったりです。

 

<ポイント5>ポケットと内側の仕様

A3トートの内ポケット

 バッグの内側は、表の革と同じくらいよくチェックして、内ポケットの数、サイズ、付いている場所などを確かめて。


そして、何より気にして欲しいのが、内側の仕様。

レザートートの内側は、布地などの裏生地を使用したものを選びましょう。革の裏のスエードは、使っているうちに崩れて、粉状のものが出てくることがあります。

内袋を使用したものも、縫い目が粗いと、ほつれて本体から外れてしまうこともあります。内ポケットの数、サイズ、ついている場所などと一緒に、ポケットや縫い合わせの部分をよく観て、仕上がりの良いものを選ぶようにしましょう。

バッグの内側は、表の革と同じくらいよくチェックするようにしましょう。

 

<ポイント6>細部のデザイン(ハンドルの付け根のデザイン、ロゴのプレート・レザーなどのワッペン、鋲、金属パーツなど)

A3トートの詳細(ロゴ入りワッペン、ショルダーデザイン)

 バッグの細部は、ブランドのものづくりへのこだわりがよくわかる。


メンズのレザートートバッグを、愛着を持って長く使うなら、細部のデザインも重要です。

ブランドの“らしさ”が詰まった、ロゴ入りのプレートやレザーワッペン。底面を守る鋲、細部につけた金属パーツなどは、小さくても逃さずチェックしたい部分です。

特に、ハンドルをトートバッグ本体に縫いつけた部分は、シンプルなトートバッグでも、一番表情が出る部分でもあります。

少し太めにして骨太さを出したり、逆に細くして繊細なラインを強調したり。金属を使い、堅牢さと品格のあるデザインに仕上げたり、内側に縫い込んで見えなくしているものも見かけます。

ブランドのものづくりへのこだわりが出る部分でもあるので、トートバッグの作りをチェックする時は、ここをよく見るのもおすすめです。

A3トートのメンズイメージ

 

まとめ

メンズのレザートートバッグの選び方は、レザーバッグ選びの基本の「き」。
しっかり選んで、自信を持って使えるバッグは、いつしか馴染んで、あなたを支える相棒のようなバッグに育ちます。

私たちRootがお届けするレザートートバッグも、そんな風にお使いいただけると嬉しいです。


前の記事 次の記事