包む ということ

みなさん、こんにちは!Rootです!

これ・・・何だと思いますか?

全て、商品の包装なんですよ

本当に細かい工夫がたくさんあって、かわいいですよねぇ(●´∀`●)

 

服や、鞄などのファッション雑貨といった商品は特に、

安売りのお店などで購入すると、

ほらよ。という感じで、

何の変哲もないビニールに入れられて、やってきますが、

商品にこだわりを持ったお店で購入すると、

思わず取っておいちゃう素敵なパッケージに包まれて、

やってきますよね。

 

商品にこだわっているかどうか見極めるポイントの一つ、

それは包装資材だと思うんです。

「包む」ということは、日本独自の文化として大切にされていますしね。

え?お堅い話はごめんだって?

そんなこと言わずに聞いてください(゜∀゜)

 

そう、今日は、仕上げ上手な陰の英雄(ヒーロー)、

「包装袋」の魅力についてのご紹介です。

 

さて、まず、Rootのブランドの特徴は何でしょうか?

サンハイ(゜∀゜)

・素材へのこだわり

・Made in Japan の品質

・ずっと好きなもの、飾らないデザイン

 

ですよね!相変わらずわかってらっしゃる!

なので、包装資材もRootのブランド価値に合ったものを

ご用意したいという想いで、素材から検討しました。

 

そこで巡り合ったのが、”播州織” という先染織物です。

 

説明しよう。

「播州織とは、200年の歴史を持つ兵庫県西脇市の地場産業である。

地元で考案し、糸染めし、織られ、加工したものであるものに、

“播州織”という称号が与えられるのだ。

まさに、Made in Japan の品質を持ったこだわりの素材なのである。」

 

また、生産されているのは、古いシャトル織機を持っている工場で

世界が認める「J∞QUALITY(Jクオリティ)」の称号を持っています。

綿花から選び抜いているというこだわりよう。材料の選定にも抜かりはありません。

 

そんな日本の匠が織り上げる生地は、寸分の狂いもない見事な織目。

この上の方に見えているのは、タテ糸を操る針ですよ。

これに糸を通すのが、私の口からは、恐れ多く申し上げにくいほど大変なんですよ。

 

そんな生地で作られた、Rootの包装袋。

特徴は何といっても、あたたかみのある、風合いとネップ感。

お客様にお届けするRootのかばんを優しく包み込んでほしかった。

ただ、それだけなのかもしれません。

品質の高い生地に加えて丈夫な縫製なので、

正直これだけでも、使っていただけちゃいます。

それぞれのかばんのサイズに合わせて、袋のサイズも3サイズ展開。

トートバッグやバックパックは、L, Mサイズに。

ミニトートやクラッチバッグは、Sサイズに。

旅行の着替え、お子さんの体操着、エコバッグ、シューズバッグ、

野菜なんかも入れちゃったりして・・・なぜか・・・

袋なのに、わくわくさせられますね!(゜∀゜)

 

たかが包装袋、されど包装袋。

 

Rootのこだわりの先にあるもの、それは・・・

お・も・て・な・し なのです。

 

「包む」という形で心を込める喜びとともに、

この機会に、おかあさん、おとうさんにも、

日頃の感謝の気持ちを伝えてみませんか?

 

それでは、また来週