ポケットぱんぱん卒業宣言 -mileのある新生活

みなさん、こんにちは!Rootです!

すっかり寒くなり、本格的に冬が到来しましたね 

でも、この季節は、そんな寒さも吹き飛ばすほど、

温かいイベントが盛りだくさん 

みなさんは、どんな特別な時間を過ごす予定ですか?

 

今日は、Rootの「TECH」シリーズより、

そんな特別な日のプレゼントにもぴったりの

オリジナルアイテムをご紹介します。

パッと目に留まるそのアイテム。

でも、一見、何だかわからない。

持ってみたら、

あぁ、やっぱりおしゃれ。と心惹かれ、

使ってみて、

その便利さを実感し、

いつの間にか、手放せないアイテムに。

そんな彼の名前は、「mile(マイル)」

フランス語で、

薄さを表す「mince(ミンス)」と

軽さを表す「leger(レジェ)」。

この二つの要素を追及した結果、

旅路で小物をおしゃれに持ち歩いていただきたい

という想いを実現した、

新しいサコッシュが生まれました。

それが、マイルです。

 

【マイルに惹かれてしまう理由 -その1-】

特徴は、何と言っても、その薄さ

以前、「テックラッチ」でもご紹介しました、

“圧着加工技術”を採用することで、

1mm という驚きの薄さを実現しました。

「いやいやいや、そんなに薄いんじゃ、

物があんまり入らないんじゃない?」

と心配される方も多いはず。

安心してください。入りますよ。(゜∀゜)

マイルは、一枚の生地を折り曲げて、

サイドを圧着することでマチを確保しているので、

見た目は薄くても、収納力は抜群です。

生地には、上質で機能性の高い「KONBU」を

採用しているので、こんなにおしゃれなのに、

100g以下という空気のような軽さになりました。

KONBUの詳細はマイル商品ページをご確認ください。

 https://root1887.shop/shopdetail/000000000034/

また、この薄さ&軽さに加えて、

しっかりした素材により型崩れしにくいため、

ファイルやノートと同じような感覚で、バッグインするのに最適。

トートバッグ、バックパック、キャリーバッグ、

どんな鞄に入れても全く嵩張りません。

こんな風に、荷物の隙間や、表のポケットに、

スッと忍ばせておけば、旅先や出張先でも、

気軽に出かけられるスマートアイテムなのです。

ボディバッグのようにかっこよく持ち運べるので、

外出時はもちろん、飛行機の手荷物だって、

マイルだけでOK! 

 

貴重品だけ持って、

席を空けたり、外出したりといったシチュエーションって、

意外に多いですよね。

これからは、いつでも、マイルを呼んでください。

どこまでも、おしゃれに付いていきます。

 

【マイルに惹かれてしまう理由 -その2-】

Rootですから、もちろん、

細かい付属へのこだわりも最上級。

圧着加工技術をフルに活用した

オリジナリティ溢れるディテールは、

息を呑むほどの美しさです。

スライダーはピタッと固定されているので、

動き回っても全く気にならず

スッキリしたデザインをキープしてくれます。

バックサイドには、シンプルな外観をとことん追求した

隠しポケットを装備。

まるで一本の線のように、スライダーの納まりも美しい。

携帯やパスケースなどが入り、

小物でもしっかり整理したい人の強い味方です。

紐を通している樹脂のハトメは、

片方の生地にだけ圧着しています。

もう片方の生地は同サイズの穴をレーザー加工で作ることで、

本体口が大きく開き、ものが入れやすい設計になっています。

最新のレーザー加工機で、

細かい文字もくっきり美しく表現しました。

夜の帰り道も想定内。コードには再帰反射糸を入れて、

さりげなく安全性も完備しています。

 

いかがでしたか?

新商品「mile(マイル)」の魅力を駆け足でご紹介しましたが、

みなさんにお伝えしたかったのは、

かっこよさ”+”利便性”という、

サコッシュの新しい要素です。

サコッシュというと、

自転車レースの補給食用バッグとして使われ、

その後、普段でも持ち歩くボディバッグのような

存在として普及しました。

よって、サイクリングはもちろん、

日常生活にも溶け込むようなおしゃれなもので

なければなりません。

バッグインしても嵩張らないということであれば、

ナイロンのペラペラ生地で、

エコバッグのように、クルクル丸めてポンッもいいですが、

持ち歩くならやはり、自分のスタイルに合わせやすい、

スマートさが必要ですよね。

 

Rootの「TECH」シリーズは、

そんなマイルのように、今までにない機能性を

どれだけデザイン性の高いものにして、

みなさんにお届けできるかを課題にし、

デザイナーと各分野の職人さんたちが、

試行錯誤を繰り返して生み出した商品を取り揃えています。

Rootは、これからも加工技術における、

無限に広がる可能性を一つ一つ形にし、

「TECH」を通して、

みなさんにお届けしていきたいと思いますので、

「CASUAL」と合わせて、ぜひチェックしてくださいね

 

マイルの圧着加工技術の特徴も、

こちらでご紹介しておりますので、

気になる方はぜひ覗いてください^^

圧着加工技術の詳細→ 

http://root1887.shop/blog/%E3%82%B5%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5/308/

 

See you next time〜