New 和ックパックと行く京都大原三千院

みなさん、こんにちは!Rootです!

 

最近、恋・・・してますか?

 

今回は、恋に疲れた女がひとり、

New 和ックパックを片手に、

京都大原三千院 を訪れました。の巻きです。

その日は、憎いほど清らかな青空でした。

まだ辿り着いていない入口の時点で、

いきなり胸を打つ木陰の綺麗な階段がお出迎え。

その階段を、何かに導かれるように進むと、

そこには風情のあるお店がずらり。

紫蘇ソフトクリームの薦めを我慢し、

さらに進んだその先に、目的の三千院が・・・。

明治維新後、この地に落ち着き、

1200年余りもの歴史を繋いでいる、

風格のある寺院と

その先に広がる美しい2つの庭園。

特に、豊臣秀吉が建立したと言われている、

客殿「聚碧園」は、

“そうだ 京都、行こう” がとことん似合う、

風光明媚な光景が広がる空間でした。

小さな清流が流れ、

心地良いせせらぎの音が響き渡るその庭園は、

時間を忘れて、いくらでも眺めていられるので、

すぐに訪れた人のやすらぎの場所と化しました。

 

それに加えて、

なんと贅沢なことに・・・

お茶と羊羹が頂けちゃう!というので驚きです。

完璧じゃないですか・・・ (゜Д゜;)

こんな魅力的な空間でいただくお茶菓子、

言うまでもなく格別ですよ・・・

さすが、長い歴史の中で、

変わりなくあり続ける力を持った”大原三千院”は、

日々の疲れを癒してくれる

魅惑のパワースポットでした。

 

そして、

そんな情緒溢れる自然の風景にも

しっくり溶け込んでしまう魅惑のアイテム・・・

それが、この度、新発売した

新色・新素材の和ックパックなんです。

こんなに優美な景観に合う鞄があるでしょうか。

いや、ないでしょう。

 

さて、ここからは、

一緒に旅した彼ら(3種類)の魅力を

少しご紹介したいと思います。

気になっていた方、注目ですよ!(゜∀゜)

まずは左:和ックパックkonbu

え?コンブ? ダシが出るの?

と思った方、ごめんなさい。

本物の昆布ではありません。

和ックパックkonbuは、採用された生地が、

昆布のような質感をしていることから、

こう名付けられました。

独特な目詰まり感としなやかな手触り感。

このさらっとした心地良いドライタッチが、

“ナチュラル感”に、

さりげなく”モード感”をプラスした

かっこいいバックパックのポイントなのです。

でも、和ックパックkonbuの魅力は

これだけではありません。

このkonbuの最大のポイントは、

何と言っても、その「軽さ」!

高級感漂うデザインと抜群の耐久性からは

想像もできないほどの軽さを持った、

極軽バックパック。重量重視の方は必見です!

商品の詳細はこちら→ https://root1887.shop/shopdetail/000000000032/

 

それから真ん中:和ックパックizumi momen

こちらは美しさを追求した和ックパック。

和ックパックizumi momen に使われているのは、

その名の通り「和泉木綿」という極上の綿帆布。

江戸時代から受け継がれる日本の伝統織物で、

毛羽立ちの少ない綺麗な表面感が特徴です。

これが一番、大原三千院の景観にマッチしている

と言っても過言ではないくらいの美しい見た目は、

パッと目を引くおしゃれアイテムの証。

商品の詳細はこちら→ https://root1887.shop/shopdetail/000000000033/

 

最後に右:和ックパックnylon

こちらは、みなさんもご存知の不思議な素材

「コットンライクナイロン」の新色です!

コットンライクナイロンの詳細はこちら→ http://root1887.shop/blog/素材紹介/288/

秋冬コーデの素敵なアクセントにぴったりの

アースカラー「カーキ」

カーキって不思議な色ですよね。

一見、難しそうな色ですが、

合わせてみるとどの色にもしっくりきて、

配色をあまり気にしなくてもOKな色です。

中明度のカーキはベージュやグレーと同じように、

低明度のカーキはブラウンやネイビーと同じように、

定番色として、様々なコーデに活用できますからね!

商品の詳細はこちら→ https://root1887.shop/shopdetail/000000000027/

 

気付けば、すっかり日も暮れて。

時間が過ぎるのはあっという間ですね。

後ろ髪引かれながら、

またパワーをもらいに来ようと心に決めて

帰路についたのでした。

 

日本の雪月風花を身体いっぱいで感じられる、

京都大原三千院。

ひとりで浸るのもよし、

家族、恋人、友人と一緒に味わうのもよし。

もう少しすると次は、

秋を彩る紅葉風景を堪能できますから、

お好みの和ックパックも連れて、

ぜひ一度訪れてみてください(●´ω`●)

それでは、また次回